車を購入する際のローン

人間が生活していく上において、一番大きな買い物が住宅であり、次いで金額のはる買い物といえば、自動車になるでしょう。自動車価格は経営努力もあって、下がってきているとはいえ一般的なサラリーマンにとっては、高い買い物に違いありません。出来る事なら、現金で一括購入したいところですが、なかなかそうはいかないのが、現実です。

 

そこで、多くの人が自動車を購入するときには、マイカーローンを利用されています。自動車を購入するためのローンのことを、「マイカーローン」と言いますが、貸し出しをする金融機関によっては、「オートローン」、「自動車ローン」などの名称で呼ばれています。以前のローンでは、ローン信販会社が自動車販売店やディーラ―と契約して、自動車購入時に自動車販売店やディーラーを介して契約することが一般的でした。

 

これが現在では、銀行や信用金庫、JA、信販会社など自動車販売店やディーラーとは、別に独立した形でマイカーローンが契約できるようになってきており、その選択肢やサービス内容も充実してきたのです。マイカーローンのメリットとしては、一般のローンよりも金利が低い傾向にあるということです。

 

ただ、マイカーローンにも種類が多くあり、それぞれ金利が異なっていますので、注意は必要です。