ディーラーと信販会社との関係

マイカーローンの借り入れ先の1つとしてディーラーがあります。すぐに借りられるし、手続きもシンプルなため利用する人も多いでしょう。しかし、ディーラーローンというのは実際のところ、ディーラーそのものではなく、ディーラーと結びついている信販会社などから借り入れる形態になっています。購入した自動車の名義も信販会社のものになります。

 

お金を借りられて車が購入できれば、別に内部の仕組みなどどうでもいいと思う人も多いかもしません。しかし、わざわざディーラーが信販会社のローンをすすめるのには事情があることを知っておきたいです。それは信販会社がディーラーに対してお金を渡しているということです。バックマージンとかキックバックなどと言われます。一見、マイカーローンはディーラーの利益にならないように見えますが、ちゃんとディーラーの利益になっているのです。

 

つまりマイカーローンの金利にはディーラーへ信販会社が払うお金の分も含まれています。マイカーローンの返済中に払う利息が、信販会社とディーラーの両方に分配されているということです。こういった仕組みであるからこそ、ディーラーによってマイカーローンの金利に違いが出てきます。バックマージン少なめなら金利も低くなりますし、多めなら金利も高くなります。仕組みを理解した上で、金利の低いディーラーを探したり、金利交渉をしてみたりしましょう。

 

こちらのディーラーローンはなぜ金利が高いのかにもありますが、短縮的に考えてディーラーでローンを組んでしまうのは、損をする可能性が大きいのです。